屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

施工内容 屋上の防水工事(ウレタン通気緩衝工法)
価格
地域 埼玉県さいたま市見沼区
工期 7日間
使用塗料(屋根・外壁) DSカラーゼロ
お問合せの種類 弊社ホームページからのお問合せ
担当者 水上 淑博(みずかみ よしひろ)
担当者からのコメント 以前お客様にて依頼された防水工事業者さんが施工したFRP防水層が劣化しており、そこから雨漏りが発生しておりました。

施工手順

手順1.水洗い後、接着プライマーの塗布

【さいたま美装の解説】まずは、下地の高圧洗浄を行います。コケや藻、また長年蓄積された汚れを一気に洗い落とします。その後、既設面とこれから塗布する新規防水塗膜を密着させる為、プライマーを塗布します。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順2.通気緩衝マットの貼り付け

【さいたま美装の解説】伸縮目地の撤去後、防水層内に残った湿気を「通気用の穴」と「伸縮目地」に充填した通気型目地材から、通気緩衝シート内に出します。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順3.脱気筒の設置

【さいたま美装の解説】防水層の膨らみを防止するため「脱気筒」を取り付けます。溜まった湿気(水蒸気)を外に排出します。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順4.改修ドレンの設置

【さいたま美装の解説】改修ドレンを新たに設置します。このドレンを付けることで雨漏りを止めることができます。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順5.ウレタン防水・1層目(立ち上がり)

【さいたま美装の解説】まずは立ち上がり部からウレタンを塗布します。この箇所は、日射による紫外線や風雨の影響を受けて経年劣化しやすい場所なので丁寧に作業します。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順6.ウレタン防水・1層目(平面部)

【さいたま美装の解説】立ち上がりの塗布が完了後、平場にウレタンを流して広げていきます。一度に全部広げるのではなく、ある程度範囲を分けて作業するのがポイントです。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順7.ウレタン防水・2層目

【さいたま美装の解説】1層目同様、塗膜の厚さを「1.3mm」になるように均等に丁寧に塗布します。

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理

手順8.保護トップコート塗布・施工完了

【さいたま美装の解説】ウレタンの防水層が厚く構築されたので漏水も無くなり、悩まされていた雨漏りも解消できました!

既存トップコートの劣化による屋上の防水工事(ウレタン防水・通気緩衝工法)|埼玉県さいたま市見沼区にお住いのT様邸の雨漏り修理


埼玉県さいたま市見沼区・T様邸の屋上防水の使用塗料

ダイフレックス社「DSカラー・ゼロ」

DSカラー・ゼロ

建物や用途、施工者や周辺環境などの様々なニーズやシーンに対応しております。労働安全衛生法の特定化学物質障害予防規則(特化則)の対象物質(TDI、MOCA)を含まない、汎用タイプの2成分形ウレタン塗膜防水材です。