外壁のコーキング打ち替えと養生作業|さいたま市大宮区のT様邸(木造3階建て)にて塗り替えリフォーム中

いつもさいたま美装の現場ブログをご覧頂きありがとうございます。

本日は、いわゆる”冬晴れ”ということで、天候も良くて暖かく作業のしやすい日になりました。

適温で程よく乾燥していることもあり、順調に作業を進めることが出来ました!

さいたま市大宮区にてコーキングの打ち替え工事

今日は、さいたま市大宮区のT様邸にてコーキングの打ち替えを行っています。

マスキングテープの養生

まずはコーキングを打ち替える前に、綺麗にはみ出さないようマスキングテープにて養生するところからスタート。

目地にプライマーの塗布

その後は、コーキング材がしっかり着く様にプライマーを塗布します。

密着をより良くする為の工程になり、刷毛で丁寧に塗っていきますが、いくらコーキングを打ち替えてもこの工程をしっかり行わないと、後々めくれる原因に繋がります。

コーキングの打設

プライマーを塗布後はコーキングの打設作業に入ります。

コーキングを目地部分に丁寧に流し込み、「ちょっと多くない?」というぐらいが奥までしっかり入れ込むためには丁度良いです。

コーキングの均し

最後にコーキングの均しを行います。

専用のコテを使用し目地の内部に隙間が出来ないよう、均等に押し込んで均します。

簡単に見える作業なんですが、この工程がコーキングの寿命を大きく左右するのでじっくりと丁寧に均して作業が完了。

その後、塗装の為の養生作業を行いました。


全て終わらなかったので、後日改めて養生の続きを行います。

以上、現場からのご報告でした!